素直になると

駅から家に帰ってくる道は、一直線になっていて、

 

先の長い道が続くのを見ていると、

 

気が遠くなると同時に、感情がどっとでる。

 

大好きだった上司、元気かなぁ。

 

 

6月は、 

 

上司の不調を

未然に防止できなかった反省

一緒にする仕事へのやりがいを失った喪失感でわりと私も辛かった。

 

 

部長に直訴して、何も状況は改善しない。

 

 

おまえは絶対俺を超える、と嬉しそうにいう声も、

 

仕事終わり22時、これからの地方都市について飲みながら話し合ったりしたことも

 

「今日はゆっくり歩いて行こう。北海道の冬は空気が澄んで綺麗だね」って、ただ目の前にある風景を楽しんだことも、

 

 

ランチの時、恋愛の話をこっそりしたことも

 

一つ一つのことが鮮明に思い出される。


素敵な思い出。

 

 

次の瞬間、

 

今はもういないんだ、という現実に引き戻される。

 

突然、涙が出ると、みっともないな、と自分の弱さに落ち込む。

 

上司に対して私ができる唯一のことは、 

 

上司がいなくてと、何とか頑張り続けること。

 

 

心配せず、今はゆっくり、自分のことだけを考えて休んでください!

 

 

周りは、どうだっていいよー。 私はずっと味方。  


つい「私は大丈夫です」と即答するけど、ほんとはね、って話たい日もある。

 

そして上司に聞いてもらえるとしたら、

 と思う。

 

ああ、今日も過去しか考えてない。