イチブトゼンブ

スリランカに行ったとき、

スリランカ人のある男に襲われそうになったことがあった。

 

 

うっかり、のこのこついて行き、

優しい彼に油断した私が何より悪いことは、

前提条件でおいておきたい。

 

しかし、学んだことは、

「全てのバックパック女子は外国人男性に注意せよ!」

ではない。

 

 

じゃあ、何かっていうと、

人には、その言動をする「背景と理由」が必ずあるということ。

 

 

ああ、このまま私は、

彼の運転するこの大きな車から逃げ出すも出来ず、

電波もない村に行って、きっと、最後は。

 

 

と、悟った。

 

お母さんにラインで連絡しようと思った。

でも、電波がないからできない。

 

擦り傷で血だらけになって、全身打撲になることも覚悟で、今ドアを開けて転げ落ちても、

この道には誰もいない。

またどうせ車にのせられる。

 

 

 

死ぬ前にできること。

 

「この人を理解すること。」

 

残された時間、

 

少しでも彼を理解し合えれば、

 

万が一、億が一、助かるかもしれない。

 

そうじゃなくても、

 

どうせ最悪の結果なら、

 

残された時間を、

彼を憎む為ではなく、

好きになる為に、使いたい。

 

 

 

「ねえ、さっき、日本と日本人が好きって言ってたけど、なんで?」

 

「ねえ、今まで、日本人と付き合ったこはあるの?」

 

「そうだったんだ。そんなことがあって、辛かったよね。」

 

 

発見したこと。

彼は、日本人のユミ(仮名)という方と、

お付き合いしていたこと。

 

ユミはふっくらとして美しい女性。

30代後半。 

 

スリランカに訪れたユミに一目ぼれした彼。

ユミは、私と同じく観光客だった。

 

ユミも彼を好きになった。

ユミはお金持ちで、彼に会いに何度もスリランカに来た。

また、彼をタイの旅行に連れて行った。

 

 

でも、タイの旅行でことが一変した。

 

ユミがお風呂にはいいている時、

彼がユミの携帯を見ると、

ユミのウエディングの写真がアイフォンに沢山あった。

 
彼は、浮気されていた。

というか、騙されていた。

 

ユミのお金の出どころは、旦那さん。

忙しい旦那さんにかまってもらえなかったらしい。

 

 

 

彼は、泣く泣く別れた。

 

「今でも会いたいと思う、大好きだ。

だが、許すことはできない。」

 

 

 

そうか、きっと、この人は。

 

 

ユミの記憶を、

全ての「ニホンジン ジョセイ」に紐付てしまってるのではないか。

 

ユミへの思慕も、

ユミへの恨みも、

ユミを破戒したい気持ちも、

ユミを抱きしめたい愛も、ぜんぶ。

 

整理しきれないままだから。

 

 

 

もしも、そうだとしたら、

 

彼が私にこう接する理由。

 

つじつまが合う。

 

 

 

 

 

 

なんでこうするんだろうって、考えて、

お話していくうちに、彼もきっと考える。

 

 

 

 

結局のところ、私は、体調不良のふりをしてホテルで仮眠をしたいと懇願して、

そのすきにお金を払って、村をまきこんで、

 なんとか釈放されたから、

 

 

こんなのんきなこと言ってるけど。

 

 

でも、

あの会話がなかったら、

あの気持ちの共有がなかったら、

彼が悲しそうに遠い目をする一瞬がなかったら、

 

 

終わってたかな、とも思う。

 

 

人には絶対、背景がある。

 

 

私が見えているあなたは表面上でしかない。

 

B'zの稲葉さんも、イチブトゼンブの中で言ってる。笑

 

あなたは私の、

 

ほんの一部しかしらない〜〜♪って。笑

 

 

表面上の情報から、

少しでも多くのことを得ないから、

 

言葉の意味を考える。 

 

 

その人が発する言葉から、

どんな人生を歩んできたのか、

 ちょっとわかるかもしれない。

 

 

 

私は、

私の物差しでしか行きたくないとも思う。

 

少しでも多くの考えを知り、

より素晴らしい気付きを得たい。

 

 

そうやって、人を尊敬したり好きになったり、

そして、いいところは真似て、

自分にも取り入れたい。

 

取り入れたら、

私の目の前の人もきっと幸せになると思う。

 

 

 

 

 

無事だったので、

こんな呑気なこと言ってる。笑

 

平和ぼけ。

 

 

反省もしよう。