イチブトゼンブ

スリランカに行ったとき、

スリランカ人のある男に襲われそうになったことがあった。

 

 

うっかり、のこのこついて行き、

優しい彼に油断した私が何より悪いです。

 

しかし、学んだことは、

「全てのバックパック女子は外国人男性に注意せよ!」

ではないです。 

 

じゃあ、何かっていうと、

人には、その言動をする「背景と理由」が必ずあるということ。

 

 

このまま私は、

彼の運転するこの車から逃げ出すも出来ず、

電波もない村に行くんだ。

 

お母さんにラインで連絡しようかな、でも、電波がないからできないか。


擦り傷で血だらけになって、全身打撲になることも覚悟で、今ドアを開けて転げ落ちても、この道に誰もいない。

またどうせ車にのせられる。

 

 

 

死ぬ前にできること。

 

「この人を理解すること。」

 


どうせ最悪の結果なら、残された時間を、

彼を憎む為に使いたくない。

 

 

 

「ねえ、さっき、日本と日本人が好きって言ってたけど、なんで?」

 

「ねえ、今まで、日本人と付き合ったこはあるの?」

 

「そうだったんだ。そんなことがあって、辛かったよね。」

 

 

発見したこと。


彼は、日本人のユミ(仮名)という方と、

お付き合いしていたこと。

 

ユミは、写真で見た限り、色白でふっくらとした印象の優しそうな女性。

30代後半。 

 

スリランカに訪れたユミに一目ぼれした彼。


ユミは、私と同じく観光客だった。

 

ユミも彼を好きになった。

ユミはお金持ちで、彼に会いに何度もスリランカに来たそう。


また、彼をタイの旅行に連れて行った。

 

 

でも、タイの旅行で全てが一変した。

 

ユミがお風呂にはいっている時、

彼がユミの携帯を見ると、

ユミの結婚式の写真が沢山あった。

 

彼は、騙されていた。


 

ユミのお金の出どころは、旦那さん。


忙しい旦那さんにかまってもらえず、寂しかったらしい。

 

 

 

彼は、泣く泣く別れたそう。

 

「今でも会いたい。大好きだ。だが、許すことはできない。」

 

 

 


この人、ユミを、全ての「ニホンジン ジョセイ」に紐付てしまってるみたい。

 

ユミへの愛も、


ユミへの恨みも、


ユミを抱きしめたい気持ちも、ぜんぶ。

 

整理しきれていない。

 

 

 

 

 

 

なんでこうするんだろうって、考えて、

お話していくうちに、彼自身も整理される。

 

 

 

 

人には絶対、背景がある。

 

 

私が見えているもよは、表面上でしかない。

 


 

少しでも多くのことを得たいから、言葉の意味を考える。 

 

 

その人を理解し、受け入れられたら、私の目の前の人も、私も、もっと、きっと幸せになると思う。

 

 

 

 

 

無事だったので、

こんな呑気なこと言ってる。笑

 

 

反省もしよう〜。