インドの鉄道と、ニューデリーからバラナシの列車について。

f:id:aoba-kiuchi:20170826125651j:imagef:id:aoba-kiuchi:20170826125657j:image

他にも色々方法はあると思うけど、便利だと思うものを紹介。

clearticketというサイト!
とっても便利!

会員登録は、ちょっと面倒。
Not local but travelerだからね。
事務局にパスポートのコピー送ったりしないといけない。

登録は余裕をもって早めに終わらせておこう。インド事務局、個別対応にはメール返信遅いので。


電話番号に無事optが届いたら完了!\(^o^)/

オンライン決済できるし、
予約確認書もメールに送られてくるし、
ウォレットに登録しておけるし…!!

予約システム、なんと進んでいるの!

肌感覚だけど、2日前には予約したいところ。なんせ、予約とりずらないから。

何故とれないかって、
いったらわかるかもだけど…、

とにかく人が多いから、笑
ホームにいるだけでもひしひしと感じた。

 

 

そんな私は、
2日目に、ニューデリーからバラナシ行きの鉄道を予約しました。

寝台列車
Whenever and Wherever I wanna sleepの私には、宿代浮くし、どうせ夕方からは外に出ない、ちょうどよい。

しかーし、問題発生。

ホームの電光掲示板には、私の乗るものじゃない番号が。

私の列車、どこ?

聞きまくった結果、
君のトレインは遅延しているよ、とお兄さんに私えてもらう。

そのお兄さんもバラナシ行きの同じ列車だったので、不安もなくただただ待つことに。
立ってられないので地べたに座る。
この光景は、この心境で生まれたもの。笑

f:id:aoba-kiuchi:20170826125642j:image

 

何かとものうるさく、気温も暑いせいか、退屈だという感覚は不思議とない。

11:35発、4:40着の予定だったけれど、
結局、13:30に出発。

とにかく色々な鉄道がホームにでたりはいったり。

電光掲示板の情報は、新しく更新されないのであてにならない。

こんなときは、バラナシ行きの人を見つけ、
仲間から情報もらおう作戦だね。

できれば英語がしゃべれそうなひと。

現地の人は本当に、適当で、
英語がわからないから、
そうだよって相槌打ってる可能性あるので、英語で正確にコミュニケーションした方がいい。


列車が来たら、自分の座席を確認。

無事Confirmedされていれば、座席表に名前がはりだされる。
受験の合格発表みたいに、ワッと皆見に行きます。


ちなみに、長い長い鉄道の中かな
SL.AC2A AC3A AC1Aなど、階級になっている自分の号を探すのが大変。


私は今回、
AC 2Aにしました。
つまり、エアコンつき、二段ベット。
upperかlowerか、オンライン予約のとき、選べる。私はupperにしてみました。

 

 

以下、感想。

静か。
足音も喋り声も(1階に比べたら)気にならない。
窓がないので暗い。
エアコン近い。
コンセントがない。

私的には、
景色が見えないし、エアコン直下で寒すぎた…。爆睡できたのはありがたかったけど。
なので、たまたま空いてたlowerに勝手に移動。笑
見張りの人にバレたけど、寒すぎて…といったら、いいよわかった。といって優しく肩を叩いて去って行きました。

ありがとう!!。゚(゚´Д`゚)゚。


夜ご飯は、駅で買ったスナック菓子とココナッツクッキー半分。あとお水。
スナック菓子は、変なパッケージが気になったから買った。
気づいたら寝てた。

4時くらいに目が覚めたので、本を読んだり、自分の宿をmaps.meにうちこんだり、バラナシを思い巡らせたり。
朝ごはんは、電車の中を物売りが売りに来てくれるので8時くらいに、サモサを20ルピーで買った。おいしい。

 

f:id:aoba-kiuchi:20170826125729j:image


鉄道が何時間も遅れる!というけども、

人が運転してるのだと思うと頭が下がるよね。私がぐーすか寝てる時も、誰か運転していると思うと、しゃあないね、と思う。

あと、車窓からの景色はミャンマーの方が素晴らしかったな。

そうだ、トイレは水洗ではないのでマスクしてトイレットペーパー持参で入った。

水は1リットル買い貯めをした。


まぁ、こんな感じですかね!
鉄道利用も、ローカルを感じるならオススメです⭐️

 

f:id:aoba-kiuchi:20170826125743j:image