ムンバイの幸不幸

ムンバイのおじさんの話

私はその日、ドビーゲートを見た後、南インド門に行く予定を立てた。


雨は朝から若干強く降っていたが、いずれやむだろうと思って軽い気持ちで出かけた。


ドビーゲートの駅に着き、さぁ歩こうと駅を出た時にはもう土砂降りになり、傘はまったく意味をなさず、まっすぐ歩けない状態だった。


10秒も立ち止まってないと思う。外にいたら何かがまずい気がして、駅に戻った。


駅には水が人の踵の部分まで侵食して、泥水を歩く決意が必要だった。

列車に乗ったが、止まった。電気は消えたりついたりしていた。

現地の人は、はぁ、といったような顔でじっとしていた。

次第に、喋り出した。
そして、立ち上がって電車の外をみ始めた。


私も身を乗り出してドアから外を見た。
2メートル下に線路が見える。
そして、男性が数十人か、そこを歩いていた。

それを見て、なるほど、もう当分動かないのかもしれない、と察した。


次々に、飛び降りる女性たち。
いかにもアクティブそうな女性が意を決して飛び降りた。結構な高さ。。
怖い。


このまま夜になるのは怖い。

怖かったが、決意して私も飛び降りた。


痛!!

着地時に激痛が走った。指から血が出てる。。水で菌が入りそうだな、そん不安が頭をよぎったけれど、今だけは、歩くしかない。


とにかく、帰らなきゃ。

泥水もゴミ道も、気にしない!

痛い、寒い、臭い、疲れた。


よし、あとは、オートリキシャをつかまえて、ホテルまで。。

 

しかし、この考え方があまかった。


一台たりともオートリキシャは止まらない。
タクシーはくるが他の人の予約車なのか、いれてくれない。一応、とまってくれるタクシーもいたが、首を横に振って去っていく。


次第に、どんどん人が路上に増えて来た。


道端に立ち、いっせいに車にたかり、我こそはと交渉をする。

そんな中はいっても私はまったく乗せてもらえない。

誰か、、そうだ、誰かによんでもらおう。

近くの商店のおじさんに頼んだ。奇跡的に英語は通じた。

しかし、あそこにいっぱいいるじゃないか。あそこに行くんだ、という。
だけど、止まってくれないんだよ、といっても、もうそれ以上取り合ってもらえない。


気付いたら、全身水を浴びている状態で、衣類が肌にぺっとりくっついていた。傘はもうさしてもさしてなくても、同じかな


私のいとこは、トヨタのムンバイ支店でよく頑張っているんだな。



大丈夫、と思いながらもただ雨を浴びていた。

泣いていてもわからないくらいの雨が顔に当たった。

そんな時、白いひげのおじさんがこちらにきて、

どうしたんだ?といってきた。

帰りたいんだ、といった。
おじさんは、ちょっとこっちへおいでと、手招きした。


警戒して、手招きするおじさんを睨んでしまっていた。

彼は、いいからこっちへ、といった。


どこに行きたいんだ、というから、地図を見せた。
おじさんは、なるほど、という顔をして頷いた。

椅子に座らせてくれた。
椅子に座った瞬間、涙が出て、大泣きしてしまった。
不安と疲れと安心で泣きじゃくった。


おじさんはビックリしたが、don't cry!!!!と笑っていた。

しばらくすると、彼の仲間も集まってきた。
おじさんは私の事情を説明してるようだった。


皆私に、コリア?ジャパン?と聞いたり、何か飲むか?と声をかけてくれた。


おじさんは外に出た。
私のためにオートリキシャの交渉を始めた。
娘をよんできて、ワンピースをかしてくれた。これを着なさいと


次にバンダナをもってきてわたしの頭に巻いた。雨が降ってるからね、と。
暖かいコーヒーもくれた。
笑って!といった。


また、電車から飛び降りる時にわってしまった爪と、そこからでる血を見て、絆創膏をはってくれた。


ビニールを引っ張り出して、携帯をしまうようにいった。


おじさんが何度も泣かないでというなら、無理して笑っているうちに安心してきた。


おじさんのオートリキシャの交渉がうまくいってないのは、遠くから座って見てるだけでもわかった。



数分した。
おじさんはカッパをきはじめ、バイクを出した。

どうやら、おじさんがバイクで私を連れてってくれるということらしい。
なんと申し訳ない。。。

優しかった人たちにバイバイして私はバイクにのった。

これは、もし無事についても私はいくら渡せばいいのだろう。。でも、大丈夫。まだお金はある。それに、この人は変なとこに連れてかないよね。。


色んな不安があったが、不安を押し込めて、前向きにだけ考えた。


バイクは暴風で何度も進めずとまった。
顔と身体にあたる雨は痛かった。
低体温で意識が飛ぶほど寒かった。
灼熱のインドとは思えない。


ひしめき合い前に出る車の間で足が飛ぶかと思った。
おじさんは一生懸命運転してくれた。

途中、バイクの店にとまった。
どうやら、道を聞いているみたいだった。
何度か聞いて、やっと私も知ってる景色が見えて来た。嬉しかった。 



あ、あのガネーシャの建物だ!そうそう、この売店の右!

おじさんと、無事につくことができた。


ありがとう。。。お礼を言うしかできなかった。もう2人とも疲れ切っていた。


おじさんはホテルのフロントで私の事情を説明していた。



おじさんはそのまま帰ろうとするので、思わず、待って!とお金を渡した。
インドで一番大きい紙幣。

おじさんは、ひどく驚いていた。

そして、

違うよ。君が安全にここにいるだけでいいんだよ!といった。

 

受け取ってはくれた。


だけど、なんだろう。
空虚だった。

私はインドの言葉もろくにしゃべれず、おじさんの純粋な善意に、お金を出すことしかできない。

おじさんにどうやったら私の気持ちが伝わるかわかなかった。


寒かったので、すぐに部屋に入って、シャワーを浴びた。

ホテルのオーナーは、私を心配して、
大丈夫?今ホットシャワーを出すね、といった。ありがとう。


後から、さっき見たティシャツを見たら、
茶色いバックの色がしみて、茶色いに着色してしまっていた。
ノートも全て茶色くなってしまった。

乾いてしまえば今日の苦労など忘れてしまうのだろうか。おじさんがくれたワンピースはいつか着ようと思って、とりあえず乾かすことにした。

雨は辛かったし、もう二度とムンバイのモンスーンをなめたりしないけど、
今日、私はインドが好きになった。


国が違くても、助け合えるし、
おじさんは、皆兄弟だといった。

怖がることなんてなくて、いつも、目の前の人、向き合う人には敬意と愛を。


おじさんがしてくれたように、
外国人に、私もよくしないと!
積極的に、手助けしよう。