寂しい

人から愛情を受け取ることに臆病。

 

好意を寄せられると、逃げたくなってしまう。

 

怖くなってしまう、

 

放っておいて大丈夫です、

 

 

そんな優しい言葉、嘘だ。

 

 

次なんてないんだ、

 

 

 

とか、あーだこーだ、ぶつくさ内心呟いて、

 

拒絶してしまう。

 

 

こういう時って、

 

 

大概は、自分のことしか考えてなくて他人が見えてないか、

 

ナイーブでこれ以上傷つきたくなくて、

バリアをはって自己保身しようとしてるとき。

 

そして、自分が嫌いで自信がないとき。

 

なんで、、私なんかにっていう気待ちの極限。

 

 

誰か助けてほしい。

 

 

 

辛い。

 

 

 

私、なにしてんだろ。

 

 

 

居心地いいところを捨てて、

 

 

何かを探して旅に出ようとしてます。

 

 

私の大事なものって、なんだっけ。

 

 

これさえあればいいやってもの、なんだろう。

 

 

この答えを見つけることが、

 

 

30歳までの宿題。

 

 

 

そう、今日3年後のこと、考えた。

 

 

3年後、まだ28だった。

 

 

若い。

 

 

先を気にしすぎて、あーだこーだ詰め込めとね、

いくら2-3週間、旅程があったって、一つの都市にいるのは1.2日間だけだったりする。

 

 

そのぶん、色々なところを観れる。

 

 

私は、したいことをリストアップして、日数を逆算して、とにかく詰め込む人だったから、

 

忙しい旅になった。

 

 

ただ、ゆっくりする。ができなかった。

 

きっと私の3年もそんな感じなんだろう。

 

 

28になったら一度、

 

 

また大きな旅行をしよう。

 

 

そしてもう少し頑張って、

 

30で子どもを産みたい。

 

 

あ、また計画をたててしまった。

 

 

 

 

いいんだか、悪いんだか。