お父さんが仕事で苫小牧に来た。

 

札幌による時間はないそうで、会えなかった。

 

だけど、連絡はとっていた。

 

お父さんは、毎日北海道で見る新鮮な景色を送って来ては、北海道に対する驚きを私に報告した。

 

お父さんが北海道に来た日は、

9月にしてはらもう冬のように寒い日だった。

 

おまけに台風が通過した後、霧もかかったものだから、北海道の澄んだ秋空には恵まれなかった。


お父さんに、北海道の景色、見せたかったな。


 

お父さんは無事業身を終了させて帰った。

 

東京への出発時刻であろう時に、着信があった。

 

出られなかったが、ラインが送られてきていた。

 

 

 

「よく一年間、北海道で頑張ったな。一年もいれば十分だ。」

 

 

 

私は昔からお父さんに褒めてもらうことがなかったので、

 

人生でこんなに嬉しいことはないと思った。

 

 

お父さんに褒められたくて、

勉強も頑張ったし、家の手伝いも小学校の時からしていた。そろばんも習字も段を取るまでやった。お父さんは絵も好きだった。なので、アトリエに通わせてもらい、「賞をとったら褒めてくれる」と思いながら絵を描いた。

お父さんは水泳をやっていた。なので、私も習って学年トップになってお父さんに褒めてもらおうと思った。

 

大体のことは、叶ったけれど、お父さんは口下手なので褒めてはくれなかった。

 

就活の時は、もう何も報告しなかった。

 

入社を決めた会社の人事部のある社員に、

 

「君は、お父さんという偉大な像のもと、

自分はこうあるべきだっていうshouldで頑張ってきた。だけど、頑張り過ぎてきたから、こうなりたい!というwillを考えてごらん。


そして君の意志を尊重して自由にさせてくれる上司に会えると良いと、僕は思う。」

 

 と言われた。

 

 

楽になった。

 


ひと段落してまた実家に戻る今、

 

お父さんからの棚からぼたもちのような言葉に半分信じられないが、とても身に染みた。

 

 

 

お父さんも、北海道も、弊社の人事も、全て万歳!\(^o^)/